top of page
ビーチ絵画

「こうしたい」

  わたし自身

    に出会う

造形表現をとおした

  自分の「よさ」への気付き

      「思い」のひろがり

石狩管内教育研究会図工・美術部会の活動への協力と支援から

私たちの想い

○石狩管内で挑戦し続ける個々の教師への実践

○石狩管内教育研究会図工・美術部会を応援

石狩造形教育連盟は

石狩管内の造形教育の充実によって、子供たちを心豊かに育てていこうとする研究団体です。

北海道造形教育連盟の研究テーマ「わたしを創る」を受けて、「ひと」「こと」「もの」との豊かな出会いを大切に、心を育てる授業の充実を図っています。

本会の取組は以下のとおりです。

1.「こうしたい」思いを引き出すことを第一に、

  多様な表現を認め、受け止め伸ばす教師の意識向上

2.日頃から頑張る教師、指導に悩む教師を応援

  する「造形教育ホットライン」

3.子供たちの「思い」を「表現」につなげる

  授業改善のお手伝い

4.既存の題材(教科書題材)での「魅力的な

  出会いづくり」への支援

5.造形表現の充実によって、子供一人一人が

  多様な「よさ」に気付くことができる授業改善への協力

​6.石狩管内の教師による実践研究や

 「石狩教育研究会 図工・美術部会」の研究の全道・全国への発信

第72回

全道

造形教育研究大会

いしかり大会

令和5年11月18日(土)

今回道内外から予想以上の皆さんにご参加いただけました。ありがとうございました

 大会専用ページ」では、公開授業動画や発表資料等、研究会のそれぞれのコンテンツ情報をご覧いただけます。研究会当日の様子を少しだけ感じてください。大会が終わっても、さらに続く、ともに「学び合う場」として充実させていきましょう。

令和6年2月14日(水)まで掲載します。

​その後はアクセスできなくなりますので、ご了承ください。

大会に申込んだ方限定ではありますが、「研究集録」を公開しました。
大会専用ページにおいて、ダウンロードしてご覧いただけます。
よろしければ、ぜひご感想をお願いします。
色鉛筆

「いしかり」の挑戦Ⅱ(2023) 

実践紹介

実践紹介

思いを込めた手 6年

千歳市立祝梅小学校 初山 絵美 教諭

6年生になった子供たちの意欲、思いを「手」に込めるとどのように表現できるかに挑戦しました。昔は「手のデッサン」をさせている小学校が多かったのですが、何が大切なのかを考えて取り組みました。

20221013_083906_0027.jpg

いしかりの挑戦Ⅰ・実践の取組(2022)

関係団体・地区サークルのご紹介

石狩管内の教師たちによる取組、そして​道央地区の協力体制の充実を図る

石狩管内の先生方が日々行っている実践記録や実技研修などの報告・交流をします。

同じ実践でも、ちょっとした工夫の違いで子供たちの姿がかわっていきます。
石狩管内で、頑張っている先生方の様子、石教研の取組もご紹介させていただきます。

​(石狩造形教育連盟は、石教研の活動を応援していきます。)

(ぜひ下のボタンから石教研のページへお進みください。)

PXL_20231003_075353675.MP.jpg

 子供たちの笑顔のために、造形教育をとおしてできることをいっしょに考えていきましょう。

 子供たちは、「つくる・えがく・みる」などの主体的で楽しい活動によって、より豊かに育っていきます。

 教師が、「こちらがこんなに頑張っているのに、どうして子供たちは図工を好きになってくれないんだろう。」「もっと楽しそうに表現して自分自身のことを好きになっていってほしい。」など、普段の授業についての悩みなどもお寄せください。

bottom of page